The Witcher 3: Wild Hunt (ウィッチャー3 ワイルドハント) のマップに表示する情報を拡張する MOD『All Quest Objectives On Map』の解説とインストール方法です。

『All Quest Objectives On Map』について

プレイヤーのアクティブなクエストのすべての目的がマップ上に表示されます。複数のクエストを同時に追跡するようなものです。また、クエストメニューに行かなくても、現在追跡している目的を変更することができます。オプションで、発見した商人の位置をキャッシュすることができます。

この MOD では受注していないクエストの場所は表示されません。

『All Quest Objectives On Map』の種類

『All Quest Objectives On Map』は 3 種類のバージョンが用意されており、それぞれ機能が少しずつ異なります。お気に入りは STANDARD VERSION です。

LITE VERSION

すべてのプレイヤーのアクティブな(終了していない、失敗していない)クエストの場所を表示します。

このバージョンはお勧めしません。panel_worldmap.redswf ファイルを変更する MOD を使用している場合にのみインストールしてください。詳細については、MOD 詳細ページの COMPATIBILITY のセクションを参照してください。

このバージョンではクエストピンのカスタムアイコンはサポートされておらず、代わりに白い感嘆符をアイコンとして使用しています。mapMenu.ws ファイルにいくつかの新しい行を追加しただけです。他の MOD との衝突があっても簡単にマージできます。

STANDARD VERSION

クエストピンのカスタムアイコンをサポートしています。クエストピンをクリックすると、現在追跡中のクエスト (または目的) をマップから直接変更することができます。ピンのフィルタリング機能に対応しました。ピンは非表示にしたり、クエストカテゴリに表示されたりします。

ライト版よりも多くの変更を mapMenu.ws ファイルに追加し、 panel_worldmap.redswf ファイルも変更しました。

FULL VERSION

バニラでは一部の商人はプレイヤーが近くにいるときにのみマップ上に表示されます。このバージョンではマップを開いたときにその位置が保存され、移動している商人のアイコンが追加されます。MOD をインストールした後に発見された商人に対してのみ機能します。

また、キャッシュ/保存されたピンをクリックして削除することができます。発見された商人のリストは、ゲームを再起動しても失われません。デフォルトでは放浪する商人は無視されその場所は保存されませんが、これは設定で変更可能です。

場合によっては、すでに見つけた商人の情報が重複してしまうことがあります。これは通常、Keira Metz や The Pellar のようなクエストに参加している商人が場所を変更した場合に発生します。これを修正することはできませんが、発生は稀で、その場合は手動で重複したピンを削除することができます。

ライト版とスタンダード版よりもいくつかのファイルを変更しました。panel_worldmap.redswf ファイルも変更。

インストール方法

他のウィッチャー 3 の MOD と同じようにインストールしてください。Nexus Mod Manager と互換性があります。Script Merger を使用して、他のインストールされた MOD との競合を検出して解決します。

いくつかの一般的な商人の修正については、ダウンロードページを参照してください。プレイヤーが近くにいても、インベントリを見ることができなかったり、マップ上にピンがないことがあります。また、ダイアログシーンで間違ったモデルが使用されることがあります。『All Quest Objectives On Map』のフルバージョンを使用している場合は特にご注意ください。詳細については、アーカイブに含まれる README.txt ファイルを参照してください。

スクリプトが AddSessionTag, LogWithName, LogWithValue, LogWithLabel, LogWithLabelAndValue などの関数のエラーでコンパイルに失敗する場合は、古い telemetryKeyword.ws スクリプトファイルがあります。あるいは、そのファイルを持っていないかもしれません。どちらにしろ、修正のためにダウンロードページの MISCELLANEOUS セクションを参照してください。

ダウンロード