Graveyard Keeper ダッシュなどの機能を追加改善するオススメ MOD

廃れた墓場をアノ手コノ手で再生していく墓地経営シミュレーション『Graveyard Keeper』で使用している、おすすめのマルチ MOD です。

『Graveyard Keeper』をざっと遊んで感じた、下記のような不便な点が改善されます。

『Graveyard Keeper』の不便な点

  • 移動が遅いにもかかわらず、マップが広い
  • 馬などの乗り物が出てくるのかと思いきや、それもない
  • 結果、移動だけで昼間がほとんど潰れる
  • チェストを開いている時も時間が流れる
  • おかげで、ゆっくりアイテム整理もできない

などなど。

自分の不便は人の不便、きっと MOD があるはずだと思って探してみたら、ありました。アルファ版の時に開発されたようですが、製品版 (ver 1.022) でも問題なく利用できることが確認されましたので、ご紹介します。

Multi Mod (Sprint, Energy Regen, Time, Misc)

『Multi Mod』を導入することで、『Graveyard Keeper』に下記の機能が追加/変更されます。

  • ダッシュ機能の実装 (Shift + 移動)
  • 止まっていると少量のエネルギーを再生成
  • 1 日の長さを 2 倍に変更
  • チェストや GUI を開くとゲーム内時間が一時停止
  • ゲームのバックグラウンド動作が可能

これらの機能は、ゲームバランスを壊さないように、慎重に調整されているとのことです。

インストール方法

『Multi Mod』の導入には 2 つのファイルが必要になります。

  1. 『uMod Framework』
  2. 『Multi Mod』本体

以下、インストール手順をご紹介します。

1. 『uMod Framework』のインストール手順

『uMod Framework』をダウンロード

下記のリンクから最新版の『uMod Framework』をダウンロードします。

uMod Framework – Download
『Graveyard Keeper』フォルダへコピー

ダウンロードした『uMod Framework』を解凍して、ファイル一式を『Graveyard Keeper』がインストールされているフォルダへコピーします。

“uModFramework.Setup.exe” を実行

ファイルを実行することで、『uMod Framework』のインストールがはじまります。

これで『uMod Framework』のインストールが完了しました。次は『Multi Mod』をインストールしていきます。

2. 『Multi Mod』のインストール手順

ここまでの手順を終えると、『Graveyard Keeper』のインストールフォルダに『Mods』という名前のフォルダが作成されています。(自動で作成されていない場合は手動で作成してください。)

『Multi Mod』のインストールはとても簡単で、『Mods』フォルダの中に MOD ファイル置くだけです。

『Multi Mod』をダウンロード

下記のリンクから最新版の『Multi Mod』をダウンロードします。

[MOD] Multi Mod (Sprint, Energy Regen, Time, Unfreeze) :: Graveyard Keeper 総合掲示板
『Mods』フォルダへコピー

ダウンロードした zip ファイルを、解答せずにそのまま『Mods』フォルダへ入れます。

ゲームを起動して確認

『Graveyard Keeper』を立ち上げて、タイトル画面左上に MOD のステータスが表示されていたら『Multi Mod』の導入は完了です。

まとめ

以上、『Graveyard Keeper』をもっと遊びやすくする『Multi Mod』のご紹介でした。

それでは、よい墓守ライフを!