2020 年 9 月 28 日に中国のゲーム開発スタジオ miHoYo によって開発およびリリースされた『原神 (Genshin)』。ガチャベースの無料でプレイできるファンタジーオープンワールドアクション RPG ゲームです。

本日 11 時にサービス開始ということで Twitter などの SNS では情報が飛び交っていますが、その中で気になる内容を 2 点ほど見かけたのでメモっておきたいと思います。

スパイウェア疑惑のアンチチートツール

1 つ目はスパイウェア疑惑をかけられている、アンチチートプログラムです。ファイル名は “mhyprot2.sys” となっており、これがスパイウェア疑惑をかけられた経緯としては「原神のアンインストール後もファイルだけ残っている。」という状況がそうさせたようです。ツール自体は『VALORANT』でも話題になった常時起動型のアンチチートツールのようです。

これがスパイウェアかどうかはさておいて、アンインストール後に必要ではないファイルであることは間違いなさそうなので、いつかの時に向けて削除方法だけメモしておきたいと思います。

削除は管理者権限のコマンドプロンプトで行います。

1. Windows に登録されているサービスを削除

“mhyprot2.sys” は Windows のサービスに自身を登録しているようなので、まずはそれ自体を削除します。この作業ではアンチチートプログラム自体は削除されていないので、必ず次の「手順 2」まで確認してください。

参考:コマンドプロンプトの画面
sc stop mhyprot2
sc delete mhyprot2

2. ファイル自体を削除

「手順 1」で Windows のサービスからアンチチートプログラムの登録を削除したら、最後はプログラム自体を削除します。

パソコンを再起動して、以下のディレクトリにある “mhyprot2.sys” を削除します。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Temp\mhyprot2.sys

Windows の検索機能などで “mhyprot2.sys” を検索して、通常のファイルと同様にゴミ箱に捨ててもOKです。これで削除は完了です。

個人情報保護と利用規約

“mhyprot2.sys” がスパイウェアかどうかについては定かではないものの、『原神』の利用規約の一部も相まってインターネット上ではホットな話題になっています。

第5条 個人情報およびその取扱い

~中略~

3.  当社はシステムに保存されている個人情報について、業務上必要な社員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。しかしながら、当社は提供された個人情報の完全なる保護を約束することはできませんので、ユーザーが提供する個人情報は、ユーザー自身のリスクにおいて提供されるものとします。当社は、ユーザーの個人情報が、管理上、技術的および物理的な問題・侵害行為によって、アクセス、公開、改変や破壊されないということを保証できません

原神利用規約

上記の「個人情報の完全なる保護を約束することはできない。」という部分が多くのユーザーに引っかかっているようです。

第5条 個人情報およびその取扱い

1. 弊社はユーザーのプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うと共に大切に保護し、適正な管理を行うことに努めております。

原神利用規約

ただ、利用規約では同時に上記のように、個人情報保護について十分な配慮と保護を明示してもいるようです。

追記:公式からの見解

この話題を受けて、miHoYo から公式にコメントがでました。あくまでもアンチチートプログラムとしての動作以外のことはしていない、とのことです。プログラム自体も「削除が可能となります。」との記載があり、おそらくコマンドプロンプトを介さずとも普通に削除ができるようになるのではないかと思われます。

まとめ

スパイウェア疑惑についてや、日本のサービスではあまり見られない利用規約、ホロライブの禁止ワード設定など、色々と話題になっている『原神』。内容の真偽や是非についてはともかく、アンチチートツールの消し方だけメモしておきたいと思います。